社長挨拶 ~ Message from the President ~

社長様写真

  環境産業は近年激変し、 廃棄物も負の資産ではなく新エネルギーの1つとして見られるようになりました。

  このことにより“エネルギーを得る為のエネルギー消費”この選択は十分に検討し環境に対する負荷を考慮した考え方、行動を私たちは子孫に伝えていく義務があります。

  弊社は環境産業に50年前より取り組み始め、 環境を考えた選別、廃プラスチックの油化や、古紙の再資源化等に努めた中間処理を日々行っています。 また、燃費の改善や電力量の削減など、ISOの取り組みにも力を入れています。

  社内での講習会も頻繁に行うなどして、 情報の収集や交換を行うことで知識を新たに取り入れ、社員同士の学ぶ機会を設けるなど、 自社の利益追求だけでなく、社会的責任を十分に理解し、浜田市の繁栄に協力しています。

  次世代の繁栄を保証し我々は多少の不自由をしても、 未来を生きる子孫に、きれいな環境を残す為に働くのが私たちの使命であると考えます。


有限会社 浜田浄化センター

代表取締役 大久保 敦司      



経営方針 ~ Management policy ~

経営理念(会社の存在意義・会社の目的)
「明日の資源循環社会とエネルギー文化を創造する」

経営方針(会社の目標)
「時代の変化に適応した志事をし、
正当な利潤を得て次世代まで繁栄し続ける」


環境方針 ~ Environmental policy ~

1. 弊社の事業活動に関する環境影響を常に意識して、環境マネジメントシステムを維持し定期的に見直す。
2. 弊社は法律厳守を基本とし、し尿収集業務、浄化槽業務、一般廃棄物・産業廃棄物業務を安全で確実な作業を行い、
  CO2削減の新しい提案を行い続ける。
3. この方針を遂行するために、環境目的及び目標を法規制、規格要求事項などに基づき、年度ごとに見直しをする。
4. 地域とのコミュニケーションを図り、環境学習を行い、地域における環境保全に奇与する活動に積極的に参加する。
5. この方針は、各部門長により全職員に教育し周知徹底を図り、環境意識の向上に努め、社外に対して積極的に開示する。


ISO14001 認証取得

弊社では、平成18年に環境マネジメントシステムの国際標準規格であるISO14001を取得いたしました。

今後も、地域環境に対して弊社の果たす社会的役割と責任を認識し、より一層日常の業務に励んでいきたいと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。